スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

歯科手術後。


 3/14にピケボン、全身麻酔で歯をキレイにしてきました。
 事の発端はピケの下前歯。
 ある朝、下右犬歯横の歯がぐらついていまして。
 歯茎の状態を見ても、歯周病で抜けかかっているようには見えず・・・
 はじめて「駒沢公園動物病院」を受診。

 やはり、歯周病ではなく外傷とのこと(ぶつけたか、何かをひっぱったか。)
 思い当たる節はないんだけど、お留守番も長いしね。真相はわからず。

       20150325no2.jpg


 せっかく来たので、二人ともレントゲンを撮って歯の状態を見てもらいました。
 ピケボンは小さい頃から毎食後の歯磨きをしており
 見た目にもきれいな状態。

 ・・・でも。

 やはりイタグレと歯周病は切っても切れないものなのか。
 ところどころ歯茎が後退していました。

 ・・・でも。

 幸いひどくはなっておらず、この機会に全身麻酔でメンテナンスをしてもらいました。
 ピケはぐらついた前歯と、残っていた乳歯、
 大事な歯の邪魔をして、将来歯周病をひどくする原因になりそうな歯の三本を抜歯。
 ボンは歯茎の後退が顕著な箇所の歯茎をレーザーで焼き
 同じく歯周病に原因になりうる歯を一本抜歯。

 さらにポリッシング、歯周ポケットの滅菌で徹底掃除。
 全麻の影響もなく、ピケボン元気に復活!
 
 先生の診断では、二人ともイタグレの中では汚れがつきにくいとのこと。
 でも、ボンは歯の質が悪いので要注意。
 ピケはかみ合わせが良いとのこと。
 と、言うことがわかりました。

 さて、大事なのは今後のケア。

      20150325.jpg

 ペーストで歯の汚れを落とし、一日一回マウスウォッシュで口腔内をきれいにし、
 バイオティーン(現オーラティーン)を歯周ポケットに塗りこむように塗布。そして水は30分禁止。

 上記のケアを朝晩食後に。
 基本的に間食はなし。の、生活をしています。

 全身麻酔はもうしたくない!
 歯周病は全身病!
 歯の健康は長寿命の元!

 を、忘れずにピケボンの歯のケアに勤しみたいと思います。
 コレは飼い主の義務だと、思ってます。

 ちなみに・・・術後の検診も含め二人で10万超・・・我が家には痛い出費ですが仕方ない。とほほ
 
スポンサーサイト
未分類 | 2015/03/25 07:36

最近は。



 https://twitter.com/ichimin0411

 こっちのがまめに更新してマス。。。
 ピケボンもたくさんup♡
 よろしく~
未分類 | 2015/03/09 07:30

快腸。


 朝の散歩の・・・

     20150221.jpg

 湯気がのぼる・・・

 ボンボン快腸です!
未分類 | 2015/02/21 09:18

よし!


 ボンボン、元気なのが出た!!
 よかった~
未分類 | 2015/02/18 07:24

今度は・・・。


 ボンボン、今度はウンチが出ない・・・

 それ以外は元気いっぱい。どうしたもんだか。


     20150216no2.jpg

 写真は、旦那さんにヒゲを切られるの図。
未分類 | 2015/02/17 07:18
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。