スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ピケのその後。


 色々とご心配をかけております。
 
 ステロイドを処方されて二週間。
 最初の一週間はプレドニン5mg/日、後半一週間は2.5mg/日を飲んでいます。(ビタミン剤も)
 飲み始めて三日くらいから、常時ナックリング状態だった右後肢が肉球で立つようにり
 筋肉が戻り始めると走り出し、・・・と、正直嬉しいというよりも戸惑いました。
 ステロイドは魔法の薬というけれど、本当に狐につままれているみたいな状態。
 長い間治らなかったもんだから、ぬかよろこびしたくないあまり疑心暗鬼になったりして。

 そんなピケを連れて、東京大学動物医療センターの再診に行ってきました。
 心配していた可能性の一つ、「変性性脊髄症」の検査
(この病気になりうる遺伝子を持っているかの検査)は陰性、つまり可能性はない。

 そして先生が導き出した病名は「慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー」でした。

 口で言っても伝わらないと判断した先生は、専門の文献を見せながら丁寧に教えてくれましたが
 さっぱり覚えられないので、写真撮らせてください・・・と、なったワタシ。
 そして天下の東大病院の先生がこの症例は初めて見ました・・・と。
 そして唐突にピケちゃんの写真を撮ってもいいですか?と、言われ
 なんだかよく頭が回っていないワタシは「はぁ」とまぬけな答え。
 (もちろん記念撮影ではなく、珍しい症例のピケは研究対象なのだろうかと思われる。
  現に筋電図などは無料でとらせて欲しい、と言われてしまった。)

 ええと、この病名に「犬」をつけて検索してもほぼ出てきません。
 人も同じ病名の難病があり、ほとんど症状は同じらしいのですが。

 ①なぜにそんな病気に? → 原因不明
 ②これからどうなるの?  → 幸いプレドニンがよく効いていて
                    (神経学的検査でも現在左後肢は正常・右後肢はほぼ正常)
                    二週間服用時点で肝臓の数値は飲む前と変わらないので、
                    ピケはプレドニンの肝臓への影響は少ないと思われる。
                    とりあえず、あと一ヶ月はこのまま2.5mg/日を続けてみる。
                    一ヶ月後の再診で肝臓も含めて、体への影響、症状を見極め、
                    量を減らすか、やめてみるかを検討する。

 と、いう感じ。なんせこの病気のモデルがいないのだから、この先はわからないのです。
 先生も「ステロイドが急に効かなくなることもあるし、必要なくなることもあるし、・・・と、書いてありました(専門書に)」
 と、いった感じなのです。(でも正直に話してくれるので安心。)

 一番最悪ケースはステロイドが効かない→麻痺が進行→食道筋や呼吸筋も麻痺→呼吸不全or誤嚥性肺炎で死ぬ

 と、言うことはワタシにも理解できたけど。
 
 けど、今は薬が効いていて多飲多尿、食欲増加は出ているもののピケは生活を楽しんでいるので
 このまま服薬生活をしてみます・・・。

 こんな病気もあるんだね、と頭にとめておいてもらって
 周囲に原因が分からず、ピケみたいな症状で悩んでいる飼い主さんがいたら
 こんな子がいたよ、ってどんどん広めてくださいね。力になれたらいいな、と思います。

 
    DSC_0168.jpg

 東大敷地内を散歩するピーさん(この写真じゃ誰だかわかんないか・・・)

    DSC_0169.jpg

 混乱した頭のまま、電車で帰って、パン屋でお昼を買ったら
 こんなに買ってしまった(笑)ムスメと二人なのに。
 混乱した頭はワケわからなくなり、
 「こんな確率の病気になるなんて、宝くじでも当たるんじゃない?!」と、
 重度の混乱を招き、スクラッチくじを購入・・・(普段絶対やらない、こんな事。)
 当たったかどうかは・・・ナイショ!

 あ、ボンボンはとっても元気です!





 
 
 
スポンサーサイト
ピケ | 2016/02/24 14:59

ピケのこと。

 ブログに記すのは、本当にお久しぶりです。
 ピケについて、話が長くなるのでこちらに書く事にしました。

 ピケは去年の6月に右顔面痙攣をおこしたり、右後肢脱力をおこしたりと
 一体何が起こっているんだ?!
 と、いう状態が続いたり、消滅したり、再発したりを繰り返していました。

 顔面痙攣は昨年末に治まったものの、現在は右後肢常時ナックリング状態、左後肢もやや弱っている。
 つまり、食欲もあり、排泄も普通、元気もあるけれど、後ろ足が意思に反して言う事を聞いてくれないのです。

 昨年から現在に至るまで、本当にいろいろな検査をしました。
 脳腫瘍・脳炎・頚椎異常・ヘルニア・てんかん・脊髄腫瘍・重症筋無力症・多発性筋炎などなど・・・
 恐ろしい、疑わしい病名が次々出てくる。

 MRI・CT・脳脊髄液検査・アセチルコリンレセプター抗体検査・テンシロンテスト・筋電図・数々の血液検査とレントゲン
 を、ピケの体力と精神力を信じて繰り返し、毎回「異常はありません」となる虚しさ。

 なんでこの子を助けてあげられないのか。
 なんでこの子がこんな目に遭うのか。
 散歩や、ドッグランで走ることや、大好きな人に会ってペロペロすることが大好きなのに
 一つもさせてあげられない、不甲斐なさ。

 日々そんな事を思う母でした。

 もうこれで検査は最後にしよう。と、思い、
 本日、東京大学附属動物医療センターを訪ね 脊髄の検査をしたがやはり異常なし。
 皮肉なことに、ピケは全身異常無しが証明された。喜ぶべきか・・・複雑極まりない感じ。

 ただ一つ、東大病院の先生が全身麻酔のついでにやってくれた筋電図が、異常を示した。
 どうやらピケは末梢神経がやられていたみたいだった。
 なかなか珍しい症例らしく
 コレコレこうですから薬を飲んだら治るよ、とか
 お金はかかるけどこういう外科的処置をすれば治るよ、とか、
 いうように、単純ではなく一筋縄ではいかないらしい。

 そうですか。
 もう驚きませんよ。
 覚悟のうえですから。

 ピケが痛くないのなら、(痛みはない様子。これがせめてもの救い)先生を信じてこれからの事を模索していこう!
 ピケが外へ行きたいのなら、ナックリング状態の足をカバーしながらガンガン外行くよ!
 
 なんかもう、思考が壮大になっちゃって、楽しく過ごせりゃ悔いなし!
 みたいな躁状態?!そんな飼い主の不安定さも実感したりして・・・。

 いやいや、落ち着け。
 とりあえず精神安定剤がわりのビールを飲んで、精神の緊張状態を緩和。
 (こういう時、自分を緩めるのに効果的です、ビール。依存しない程度に付き合ってるので。)
 今後二週間は、ステロイド剤とビタミン剤を服用させ様子を見ていきます。

 しかし、こういう時に人はネットをたちきれませんね。
 
 「犬 後肢 麻痺」
 なんて何度検索したか!
 イカンとわかっていながら、何度検索したか!

 もうね、そんな自分も認めていこうと。いいの。所詮弱いんです、パーソナリティーが。
 心配してくれている友だちに、現状を説明もできないほどに。いやになっちゃうな。


 さて、ピケがこれからどうなっていくのかは、無宗教の私が言うのも変だけど「神のみぞ知る」といったところ。
 かまわれたくて仕方ないボンボンも一緒に、乗り越えていく、という希望を捨てずに
 ピケと頑張っていきたい。

 それが私の使命だと思うのです。
 なーんて。かっこよい事言ったけど、泣いたり喜んだりしながらこの子と生きていきますので
 みなさま、よろしくお願いいたします!

 以上、今のピケ、でした。


       DSC_0130.jpg


     DSC_0144.jpg

       

    
 

 
 

 
 

 
 
 
ピケ | 2016/02/10 22:45
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。