スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

さよなら、くろポン。


 3月3日、ひなまつりの日の夜、実家の猫・くろポンが天国へ行きました。
 13歳、最近の飼い猫にしたら少し若いかなと、病院の先生に言われたようです。
    kuropon.jpg


 彼は、3週間前に突然食べ物を受け付けなくなり
 病院に連れて行ったら、全身にガンが広がっていたそうです。

 栄養剤の点滴、薬の投与などを入院して行っていましたが
 もともと気が小さいのに、大好きな母と離れケージに入れられ回りにワンワンなく犬がいる
 という環境は、病気のくろポンには厳しい状況でした。

 「治療の施しようがないし、この環境は彼にとってよくないから通院と薬の服用にして
 おうちで何でも好きなものを、食べさせてあげてください」
 と、先生に言われ退院しました・・・

 片道50分の実家へ私も会いに行きました。
 少しでも栄養!と思い家にあったヤギミルクを持って。

 ぽんちゃん(こう呼んでいた)は、13年前私がバイトに行く道で倒れていました。
 助けたいけどバイトに遅刻する!!(就職にかかわる大事なバイトだった)
 後ろ髪引かれながらバイトに行って帰ってくると
 ぽんちゃんはなぜかうちの庭にいた。
 その後通りかかった母が、連れて帰っていたんです。
 ただうちには先住猫のチャコ(恐ろしく気難しい)がいたので、庭までよー。ってわけです。
 でも、猫を飼っている家ですから、まだ子猫のぽんちゃんがおうち入れてーって
 ミャーミャー庭でないてるのなんてほっとけなくなり、姉と私がこっそり家に入れてシャンプーしちゃった。
 それからは、気難しいチャコに怒られながらもすくすく育っていきました。

 チャコは4年前に同じくガンで亡くなったんですが、私はその時
 「こんなに悲しい思いをするなら、絶対に動物は飼わない!!」
 と、強く思いました。
 でも、今は違う。
 悲しいけど、それまでの10何年をお互いに幸せに過ごせればいいんだ。
 と思ってます。
 その悲しみを体験することも、10何年の幸せを体験することもすべて大きな意味のあることなのでしょう。

 チャコもぽんちゃんも、最期を看取るのは母に任せてしまいました。
 「悲しい役を押し付けてゴメンね」と、言うと母は
 「たくさんの幸せをもらったんだから、これは私の役目だよ」と言いました。
 そうだね、ホントにたくさんの幸せをもらった。
 ピケとボンにも毎日もらってるから、その日まで私もきちんと見守ろうとあらためて思いました。

 昨日は私もたくさん泣いた。
 こんなこと書いてるとまた泣けちゃうんだけど、泣いてるとピケはいつもじーっと顔を見て
 ひざに乗ってくる。ペロペロしてくる。
 たくさん泣いて、ちゃんとぽんちゃんにお礼を言ってさよならしよう。
 ありがと、くろポン!


    kuropon2.jpg
  ピケボン、長生きしてね!!
 
 
 
 
考えた事 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2008/03/05 09:29
コメント
No title
うぅぅぅぅ~(o;ω;o)ウゥ・・・
ぽんちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ガンが体中に転移してたなんて痛かったかな。
でも、今は虹の橋でお友達と遊んでオイシいっぱい食べてるよね。

ぽんちゃんとはそんな出逢いだったのね。やっぱ運命ってあるね!
私もこの運命を大切にして
ネオノアの最期をお母さまのようにしっかり看取れるママになりたい。

『長生きしてね』
私も切に思う~。
No title
ぽんちゃんとはとても不思議な縁で結ばれていたんですね・・・。
読んでて涙があふれました・・・。ぽんちゃんがんばったね!!
毎日、本当にたくさんの幸せを貰っているから、いつか必ずやってくるその日まで、
その命を見守りたいですね。






コメントありがとうございます! 
>まりもさんへ。
 ガンはね、人間みたいに痛くないんだって。
 それがせめてもの救いだと思ったけど、痛ければこんなになる前に気づいてあげられたかもね。
 猫は体中ガンができても、不思議なほど長生きする子もいるって聞いたから
 期待してたんだけどね。結構早かったな・・・

 昨日、父と母で火葬してきたって。
 母は先住猫と同じように、写経を書いてあげて、四十九日が過ぎたら家の庭に埋葬するそうです。母自身のための儀式でもあるからね。こういうの、大事だね。


>MM家さんへ。
 最後の1週間は水も飲めなかったのに、よくがんばったと思います。
 昨日父と母が火葬したんですが、こうやって飼い主側も自身にわからせないといけないんでしょうね。
 母べったりの猫だったので、還暦を過ぎた母が心配なんですけどね。
 ピケボンが慰めになるなら、しょっちゅう遊びに行こうと思ったけど
 あのバトルを繰り広げたら癒しにはならないよねぇ・・・



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。